神田駅東口から徒歩1分の不妊治療専門クリニック

日本産婦人科学会生殖補助医療実施登録機関・特定不妊治療助成事業指定医療機関

  • tel03-6206-0065予約優先制
  • 〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-8-6 メディカルプライム神田6F
MENU

費用について

Price

Price費用について

健康保険の適用について

2022年4月より、人工授精・ART (体外受精・顕微授精・胚移植)の保険適用が開始となります。
同日だけでなく同一周期内での保険と自費の混合診療は認められないため治療内容が制限される場合がありますが、当院では医療の質を保ちながらなるべく「保険診療」を優先し治療を行ってまいります。
保険・自費とも時間外加算があります(平日18時以降・土曜12時以降)。

一般不妊治療

2022年4月1日現在

診療内容 費用 備考
初診料(保険) ¥850 自費の場合¥3,500(時間外¥4,000)
再診料(保険) ¥370 自費の場合¥2,000(時間外¥2,500)
初診時スクリーニング採血 ¥30,000(保険適応外のため自費) AMH、ビタミンD、B型・C型肝炎、HIV、梅毒、クラミジア抗体、甲状腺機能、貧血・糖尿病の有無、肝機能・腎機能、風疹抗体、血液型(Rh含む)
超音波検査 ¥1,500 自費の場合¥2,500
子宮頸がん検診 ¥3,300 1年以内にがん検診をされていない方(症状がある場合、保険適応)
AMH ¥6,600 卵巣予備能の血液検査
体外受精準備のためのAMHは保険適応¥1,800
(6か月に1回)
クラミジア抗体検査 ¥3,300 過去と現在のクラミジア感染の有無(血液検査)
腫瘍マーカー(保険) ¥450~   子宮内膜症または卵巣がんの除外が必要なとき、必要な方のみ
ヒューナー検査 ¥3,000 性交後検査ともいいます
風疹抗体価 ¥2,200 ワクチンが必要かみるための検査 
抗精子抗体 ¥7,700 必要な方のみ
精液検査 ¥5,500 採精室ご利用の場合は+¥2,200
膣内注入セット 1セット¥550 膣内射精が困難な方でご希望の方のみ
人工授精 ¥5,460 自費の場合は¥25,000
ホルモン採血(月経中 約¥2,000 下垂体ホルモン、卵巣ホルモン(自費の場合は¥9,350)
ホルモン検査(排卵後 約¥1,500 着床期のホルモン環境のチェック(自費の場合は¥4,950)
子宮鏡検査(保険) 約¥2,600 必要な方のみ(自費の場合は¥8,800)
子宮卵管造影 約¥8,000 水溶性造影剤
自費の場合は¥25,000
子宮鏡下選択的卵管通水検査 片側¥19,800 両側¥24,200 必要な方のみ
感染症 ¥9,000 人工授精・体外受精を希望されるご夫婦(HIV、B型肝炎、C型肝炎、梅毒)1年間有効
25-OHビタミンD ¥3,500
妊娠反応(採血) ¥2,750 採尿による妊娠反応は¥1,100

体外受精・顕微授精

【保険適応の場合】

【計画開始からその都度お支払いいただく費用】
  • 生殖補助医療管理料(月に1回) ¥900
  • 抗ミュラー管ホルモン(血液検査) ¥1,800(6か月に1回検査します。)
  • 検査(エコー・ホルモン採血)費用+排卵誘発剤費用
【採卵日にお支払いいただく費用:A】

    A:採卵料金=採卵術 ¥9,600+下記①~④採卵した数による加算

  • ①個:¥7,200
  • ②~⑤個:¥10,800
  • ⑥~⑨個:¥16,500
  • ⑩個:¥21,600
【受精・凍結確認日にお支払いいただく費用:B+C+D+E】

    B:受精に関する管理料

  • [体外受精]
    ¥12,600
  • [顕微受精]
    ①1個:¥14,400
    ②2~5個:¥20,400
    ③6~9個:¥30,000
    ④10個以上:¥38,400
  • [顕微授精と体外受精を両方行った場合]
    顕微授精する卵子数によって①~④+体外受精の1/2(¥6,300)
  • 今までに治療経過で必要な方のみ卵子活性化を行うと¥3,000加算されます。
  • TESEで回収した精子を使用する場合、融解処置等で¥15,000加算されます。
  • C:受精卵培養管理料(受精が確認された胚の個数で費用が決まります)

  • ①1個:¥13,500
    ②2~5個:¥18,000
    ③6~9個:¥25,200
    ④10個以上:¥31,500
  • D:胚盤胞培養費用(3日目以降培養した時に、胚盤胞まで発育する可能性がある胚の数で費用が決まります)

  • ①1個:¥4,500
    ②2~5個:¥6,000
    ③6~9個:¥7,500
    ④10個以上:¥9,000
  • E:胚凍結保存管理料(凍結した胚の個数で決まります)

  • ①1個:¥15,000
    ②2~5個:¥21,000
    ③6~9個:¥30,600
    ④10個以上:¥39,000
【胚移植の日にお支払いいただく費用:F】

    F:胚移植術

  • 新鮮胚移植:¥22,500
  • 融解胚移植:¥36,000(融解費用を含む)
  • アシステッドハッチングを行うと¥3,000加算されます。
  • 高濃度ヒアルロン酸含有培養液を用いた前培養を実施すると¥3,000加算されます。
【胚更新費用:G】

    G:胚凍結保存維持管理料

  • 妊娠や自己都合により治療が中断する場合、更新費用はこれまで通り自費(個数にかかわらず¥55,000/年)となります。
  • 不妊治療継続中や他の病気が発覚するなどして不妊治療を中断せざるをえない場合、保険診療で3年まで更新可能(個数にかかわらず¥10,500/年)、3年以後は自費(個数にかかわらず¥55,000/年)となります。

【自費の場合】

□体外受精(採卵、精子調整、媒精、初期培養含む) 3回目まで ¥242,000
4回目以降 ¥187,000
□静脈麻酔追加料金   ¥58,000
□卵子が得られなかった場合 採卵準備費(排卵済みの場合) ¥11,000
  採卵技術・材料費(穿刺するも変性卵・未熟卵のみ、回収卵なし) ¥49,500
□顕微授精(ICSI) ICSI基本料 ¥22,000
  卵子1個につき(上限10個まで算定) ¥11,000
  受精・分割なし ¥27,500
  TESE-ICSI追加費用 ¥22,000
□胚移植 新鮮胚移植 ¥66,000
  凍結融解胚移植(胚融解含む) ¥99,000
□移植オプション レーザーアシステッドハッチング ¥22,000
□胚盤胞培養 胚移植または胚凍結に至った 胚盤胞がある場合 ¥44,000
□胚凍結(保管料1年分含む) 基本料金(1個目含む) ¥33,000
  2〜5個目(1個あたり) ¥22,000
  6〜10個目(1個あたり) ¥16,500
  11個以上(1個あたり) ¥11,000
□胚凍結保管料(2年目以降) *個数を問わず ¥55,000/年
□精子凍結(保管料1年分含む) ¥22,000
□凍結精子保管料(2年目以降) ¥11,000/年

*別途、診察・薬剤・ホルモン検査の費用がかかります。
*凍結保存継続を希望される場合は、1年毎の更新手続きを忘れずに行ってください。
*上記の料金は予告なしに変更になることがありますので、ご了承ください。

卵巣刺激に関する薬剤

【保険適応の場合】

保険収載の薬価通りとなります。

【自費の場合】

内容 費用 備考
ブセレリン点鼻薬 ¥16,500 人工授精や体外受精の時に使います
hMG150単位 ¥3,850 排卵誘発剤
hMG75単位 ¥2,200
セトロタイド ¥8,800 排卵抑制剤
ガニレスト ¥8,800
hCG注 ¥1,650 排卵を促す注射
オビドレル ¥3,850
在宅自己注射管理料 ¥5,500 自己注射の指導料込み

使用する種類、量、注射期間は卵巣機能や卵胞発育状況に応じて決定します。
(刺激周期の場合、卵胞を育てる注射は通常約10日間連日で、hMGの1日量は150〜300単位です。)
排卵抑制剤は、当院で主流の黄体ホルモン法の場合は稀にしか用いません。
通院注射の場合、手技料1,100円が追加となります。
これらの薬剤の副作用として、使用中の卵巣の痛みやお腹の張り、頭痛や倦怠感、注射部位の硬結や発赤などのアレルギー反応などがあります。
また卵巣過剰刺激症候群についても注意が必要です。
なお、hMG製剤やhCG製剤は、人の尿を原料とした生物製剤ですが、これらによる感染症などの健康被害についての報告はありません。

料金シミュレーション
【保険適応の場合】

刺激周期(採卵10個、全胚凍結、胚盤胞凍結3個の場合)

[採卵10個 ¥31,200]
+[媒精 ¥12,600]
+[培養(仮7個)¥25,200]
+[胚盤胞培養(3個)¥6,000]
+[凍結(3個)¥21,000]
+[薬剤・ホルモン検査・超音波 約¥20,000]
=約¥120,000

料金シミュレーション
【自費の場合】

採卵したが卵子が取れなかった場合

採卵準備費用(¥49,500)のみご負担いただきます。

採卵して採れた卵子2個に顕微授精を行い、受精した2個のうち採卵3日目に1個を移植した場合

[採卵準備費用・採卵・精子調整・媒精・初期培養 ¥242,000]
+[顕微授精 ¥44,000]
+[新鮮胚移植 ¥66,000]
=¥352,000 (別途、診察・薬剤・ホルモン検査の費用がかかります。)

採卵して採れた卵子10個に体外受精を行い、受精した6個のうち採卵3日目に1個を凍結して残り5個のうち3個を胚盤胞凍結した場合

[採卵準備費用・採卵・精子調整・媒精・初期培養 ¥242,000]
+[(初期)胚凍結 ¥33,000]
+[胚盤胞培養 ¥44,000]
+[(胚盤胞)胚凍結 ¥66,000]
=¥385,000 (別途、診察・薬剤・ホルモン検査の費用がかかります。)

上記はあくまで治療の一例であり、料金は目安です。治療内容は、患者さまの状況に応じて変わります。

不育症検査

臨床経過によって一部保険適応となります。

内容 費用 備考
血液検査(血液凝固異常) ¥11,000 ・プロトロンビン時間 ・APTT ・凝固因子(第XII) ・プロテインS活性 ・プロテインC活性 ・アンチトロンビンIII  
血液検査 (抗リン脂質抗体) ¥27,500 ・ループスアンチコアグラント ・抗CL抗体IgM ・抗CL抗体IgG ・抗CLβ2GP1抗体 ・抗PEIgG抗体 ・抗PEIgM抗体  
血液検査 (自己免疫異常) ¥5,500 ・抗核抗体価(蛍光抗体法) ・抗DNA抗体価 ・リウマトイド因子  
Th1/Th2採血 ¥16,500 必要な方のみ
NK活性 ¥16,500 必要な方のみ
血液検査 (内科的合併症) ¥5,500 FT3、FT4、TSH、空腹時血糖、HbA1c
染色体検査(絨毛) ¥66,000 必要な方のみ
染色体検査(血液) ¥27,500 必要な方のみ

着床関連検査・治療

内容 費用 備考
銅・亜鉛検査 ¥2,200 必要な方のみ
子宮内膜炎検査(CD138) ¥16,500 必要な方のみ
子宮内膜日付診 ¥11,000 必要な方のみ
ERA ¥121,000 必要な方のみ
ERA検査+EMMA検査+ALICE検査(TRIO検査) ¥165,000 必要な方のみ
EMMA検査+ALICE検査 ¥110,000 必要な方のみ
PFC-FD療法 ¥140,800
(1回法)
¥162,800
(2回法)
必要な方のみ

☆ ERA:子宮内膜着床能検査
☆ EMMA:子宮内マイクロバイオーム検査
☆ ALICE:感染性慢性子宮内膜炎検査

お支払について

自費診療のお支払いにはクレジットカード(VISA/Mastercard・1回払いのみ)がご利用いただけます。

保険診療のお支払は現金のみとなります。

凍結保存の延長

胚・卵子・精子の凍結保存期限は1年となっております。
更新か廃棄のご連絡を必ずいただけますようお願いいたします。
こちらから更新のご連絡はしておりません。
また更新料未納の場合は保存中止となりますのでご注意ください。複数年まとめて更新いただくことも可能です。
廃棄の場合も保存期限までにお手続きが必要となります。
お手続き及びお支払いは、凍結更新(胚・卵子・精子)の診療メニューでweb予約いただいたうえでのご来院もしくは郵送(現金書留)となります。

保険診療での更新手続きは、「凍結更新(胚・卵子・精子)」でweb予約いただいた上でのご来院のみとなります。
事前準備の都合上、予約なしでのご来院ではお手続きいただけませんのでご注意ください。
下記より申請書をダウンロードしてください。

更新/廃棄を○で囲み、必要事項のご記入をお願いいたします。
郵送によるお手続きをご希望の場合、下記2点を同封の上、現金書留郵便にてお送りください。
なお、一部廃棄の場合には、内容の確認がございますので、ご来院いただいた上でのお手続きとなります。

申請書(署名済のもの)
※ご郵送前に患者さま控えをお取りいただき、保管してください。

凍結物ごと、また凍結物の保存期限ごとに申請が必要となります。

更新料(廃棄の場合は不要です)

【更新料・税込】

  • 胚凍結更新料(1年毎) ¥55,000
    保険・自費で採卵されて妊娠や自己都合により治療が中断する場合、自費で採卵され今後自費での移植となる場合(個数にかかわらず定額)
  • 胚凍結保存維持管理料(1年毎) ¥10,500
    保険が適用される場合(保険で採卵され治療継続中の場合、保険で採卵され採卵後に他の病気が発覚するなどして不妊治療を中断せざるを得ない場合、自費で採卵され治療継続中で今後保険での移植となる場合の更新)
    *ご予約のうえ来院でのお手続きが必要となります。
    *保険で3年まで更新可能ですが、3年以後は自費となります。
  • 精子凍結更新料(1年毎) ¥11,000
  • 卵子凍結更新料(1年毎) ¥22,000/本

送付先

〒101ー0044 東京都千代田区鍛冶町2-8-6メディカルプライム神田6F
神田ウィメンズクリニック 更新申請 宛

ワクチン・文書

内容 費用 備考
麻疹風疹(MR)ワクチン ¥9,900 ワクチン接種後は2ヶ月間避妊が必要です
風疹ワクチン ¥5,500 ワクチン接種後は2ヶ月間避妊が必要です
麻疹ワクチン ¥5,500 ワクチン接種後は2ヶ月間避妊が必要です
インフルエンザワクチン ¥4,400 妊活中いつでも、妊娠初期でも接種可能です
証明書 ¥2,200  
診断書 ¥4,400 一般用
診断書 ¥6,600 保険会社提出用
診療情報提供書 ¥5,000  
体外受精助成金申請書 ¥4,400  

確定申告(医療費控除)について

  • 本人・及び本人と生計をともにする配偶者や同居する親族が、病院や薬局に支払った1年間(1/1~12/31)の医療費の合計金額を、必要経費として所得金額から差し引くことができる制度です。
  • 実際に支払った医療費の合計額(自費・保険とも)から、¥100,000(総所得額が¥2,000,000未満の場合は総所得額の5%)と保険金などで補てんされる金額(生命保険契約で支給される給付金、特定不妊治療の助成金など)を差し引いた金額が医療費控除の額となります。詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。
  • 確定申告には医療機関発行の領収書が必要となります。再発行はいたしませんので、必ずご自身で大切に保管してください。 

民間の医療保険(生命保険)について

  • 体外受精―胚移植はほぼ全ての保険会社で手術給付金の対象にはなりません。ただ、ごく一部の保険会社では、「採卵」や「胚移植」に対して手術給付金の対象となることがあります。 対象となるかはご契約内容次第ですので、詳しくは、保険会社にお問い合わせください。