神田駅東口から徒歩1分の不妊治療・婦人科

日本産婦人科学会生殖補助医療実施登録機関・特定不妊治療助成事業指定医療機関

  • tel03-6206-0065予約優先制
  • 〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-8-6 メディカルプライム神田6F
MENU

費用について

Price

Price費用について

健康保険の適用について

婦人科診療に関しては、ほとんど保険診療が適応となります。

不妊治療に関しては、健康保険が適用される治療と適用外(自費診療)のものがあります。
当クリニックではできるだけ保険診療を行いますが、人工授精、体外受精、顕微授精などの生殖補助医療については、保険の適用外(自費診療)となりますのでご了承ください。保険の場合も、1ヶ月あたりに適応となる検査の回数や、処方の量には限界があり、超えると自費になります。

現在、保険診療と自費診療は同時に行うこと(混合診療)は認められていません。
このため診療内容に1つでも自費診療の項目があると、本来であれば保険の適用となる保険の部分についても自費となりますのでご注意ください。
保険・自費とも時間外加算があります(平日18時以降・土曜12時以降)。

金額については全て税別です。(2020年2月1日現在)

婦人科の費用

内容 費用 備考
初診料(保険) ¥850 自費の場合¥2,000(時間外¥2,500)
再診料(保険) ¥220 自費の場合¥1,000(時間外¥1,500)
超音波検査(保険) ¥1,500 自費の場合¥3,500
腫瘍マーカー(保険) ¥440~ 子宮内膜症または卵巣がんの除外が必要なとき、必要な方のみ
腟分泌物培養(保険) ¥510 必要な方のみ(自費の場合¥2,500)
頸管ポリープ切除術(保険) ¥6,000 必要な方のみ
子宮頚がん検診(保険) ¥1,130 がん検診希望の方(自費の場合¥3,000)
子宮体がん検診(保険) ¥2,010 がん検診希望の方(自費の場合¥5,000)

*保険で検査をした場合に別途、実施料、判断料、管理料等がかかります。
*すべて税別です。

産科の費用

当クリニックでは妊娠初期(妊娠10週頃)までの診察を行っており、それ以降はご希望の妊婦健診・分娩施設へご紹介いたします。

内容 費用 備考
超音波検査 ¥3,000 症状により保険(保険請求の回数制限あり)
尿妊娠判定hCG ¥1,000 必要な場合
血液妊娠判定hCG ¥2,500 必要な場合

*すべて税別です。

婦人科自費項目

レディースチェック(ブライダルチェック) ¥32,000

  • 子宮頸がん検査
  • 経膣超音波検査(子宮と卵巣の健診)
  • おりもの検査(一般細菌・カンジダ)
  • 性感染症検査(クラミジア・淋菌・トリコモナス・HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎)
  • 血糖・貧血・生化学検査
  • 風疹・麻疹抗体検査
  • AMH検査
  • CA125

*オプションとしてHPV(ハイリスク型判定)¥5,000を追加できます。

 
内容 費用 備考
月経移動 ¥2,500 試験、大会や旅行など、大切な予定のある方
緊急避妊 ¥13,000
¥3,000
避妊を失敗した時 性交後72時間以内
ピル ¥2,000/枚 問診、血圧検査含む

*別途、自費初診料もしくは自費再診料がかかります。
*すべて税別です。

ワクチン・文書

紹介状等の書類作成には1週間程お時間をいただいております。お早めにご連絡ください。

内容 費用 備考
麻疹風疹(MR)ワクチン ¥9,000 ワクチン接種後は2ヶ月間避妊が必要です
風疹ワクチン ¥5,000 ワクチン接種後は2ヶ月間避妊が必要です
麻疹ワクチン ¥5,000 ワクチン接種後は2ヶ月間避妊が必要です
インフルエンザワクチン ¥3,600 妊活中いつでも、妊娠初期でも接種可能です
証明書 ¥2,000  
診断書 ¥4,000 一般用
診断書 ¥6,000 保険会社提出用
診療情報提供書 ¥2,500  
結果郵送 ¥500 院長が必要と判断した場合に限り

*すべて税別です。

一般不妊治療

診療内容 費用 備考
初診料(保険) ¥850 自費の場合¥2,000(時間外¥2,500)
再診料(保険) ¥370 自費の場合¥1,000(時間外¥1,500)
初診時スクリーニング採血 ¥25,000 血型、貧血・肝機能・腎機能・糖代謝、甲状腺、クラミジア抗体価、感染症検査(B型肝炎、C型肝炎、梅毒、 HIV)、風疹抗体価、AMH
超音波検査 ¥1,500 自費の場合¥2,000
尿検査(保険)  ¥220 排卵の時期を見る場合のみ、自費の場合は¥850
子宮頸がん検診 ¥3,000 1年以内にがん検診をされていない方(症状がある場合、保険適応)
AMH ¥6,000 卵巣予備能の血液検査
クラミジア抗体検査 ¥3,000 過去と現在のクラミジア感染の有無(血液検査)
腫瘍マーカー(保険) ¥450~   子宮内膜症または卵巣がんの除外が必要なとき、必要な方のみ
ヒューナー検査 性交後検査ともいいます(自費¥2,500)
風疹抗体価 ¥2,000 ワクチンが必要かみるための検査 
抗精子抗体 ¥7,000 必要な方のみ
精液検査 ¥4,000 メンズルーム使用の場合は+¥2,000
膣内注入セット 1セット¥500 膣内射精が困難な方でご希望の方のみ
人工授精 ¥19,500 精子調整・抗生剤が含まれます。 精液所見不良にてキャンセルとなった場合、¥3,000(再診料+精液検査)
ホルモン採血(月経中・保険) 約¥5,000 甲状腺ホルモン、下垂体ホルモン、卵巣ホルモン
血液検査(排卵後・保険) ¥1,500 着床期のホルモン環境のチェック
子宮鏡検査(保険) 約¥2,600 必要な方のみ(自費の場合は、¥8,000)
子宮卵管造影 約¥8,000 水溶性造影剤(抗生剤代含)
自費の場合は、¥18,000
別途材料費(カテーテル代(¥3,000)あり)
子宮鏡下選択的卵管通水検査 片側¥18,000 両側¥22,000 必要な方のみ
感染症 ¥7,000 人工授精を希望される方 ご夫婦とも必要 梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIV 1年間有効
25-OHビタミンD ¥4,000 希望の方のみ
妊娠反応(採血) ¥2,500 採尿による妊娠反応は¥1,000

*すべて税別です。

体外受精・顕微授精

当クリニックでは、実施段階に応じたわかりやすい料金制度としております。
実際に達成された段階までの実施料金しかいただきません。

□体外受精(採卵、精子調整、媒精、初期培養含む) 3回目まで ¥220,000
4回目以降 ¥170,000
□静脈麻酔追加料金   ¥45,000
□卵子が得られなかった場合 採卵準備費(排卵済みの場合) ¥10,000
  採卵技術・材料費(穿刺するも変性卵・未熟卵のみ、回収卵なし) ¥45,000
□顕微授精(ICSI) ICSI基本料 ¥20,000
  卵子1個につき(上限10個まで算定) ¥10,000
  受精・分割なし ¥25,000
  TESE-ICSI追加費用 ¥20,000
□胚移植 新鮮胚移植 ¥60,000
  凍結融解胚移植(胚融解含む) ¥90,000
□移植オプション    
□レーザーアシステッドハッチング   ¥20,000
□胚盤胞培養 胚移植または胚凍結に至った 胚盤胞がある場合 ¥40,000
□胚凍結(保管料1年分含む) 基本料金(1個目含む) ¥30,000
  2〜5個目(1個あたり) ¥20,000
  6〜10個目(1個あたり) ¥15,000
  11個以上(1個あたり) ¥10,000
□胚凍結保管料(2年目以降) *個数を問わず ¥50,000/年
□精子凍結(保管料1年分含む) ¥20,000
□凍結精子保管料(2年目以降) ¥10,000/年

*別途、診察・薬剤・ホルモン検査の費用がかかります。
*凍結保存継続を希望される場合は、1年毎の更新手続きを忘れずに行ってください。
*上記の料金は予告なしに変更になることがありますので、ご了承ください。
*すべて税別です。

卵巣刺激に関する薬剤

内容 費用 備考
ブセレリン点鼻薬 ¥15,000 人工授精や体外受精の時に使います
自己注射ゴナールF300単位 ¥18,000 排卵誘発剤
自己注射ゴナールF450単位 ¥27,000
自己注射ゴナールF900単位 ¥51,000
hMG150単位 ¥3,500
hMG75単位 ¥2,000
セトロタイド ¥8,000 排卵抑制剤
ガニレスト ¥8,000
hCG注 ¥1,500 排卵を促す注射
オビドレル ¥3,500
在宅自己注射管理料 ¥5,000 自己注射の指導料込み

*すべて税別です。

料金シミュレーション(料金の目安)

採卵したが卵子が取れなかった場合

採卵準備費用(¥45,000税別)のみご負担いただきます。

採卵して採れた卵子2個に顕微授精を行い、受精した2個のうち採卵3日目に1個を移植した場合

[採卵準備費用・採卵・精子調整・媒精・初期培養 ¥220,000]
+[顕微授精 ¥40,000]
+[新鮮胚移植 ¥60,000]
=¥320,000 (税別 別途、診察・薬剤・ホルモン検査の費用がかかります。)

採卵して採れた卵子10個に体外受精を行い、受精した6個のうち採卵3日目に1個を凍結して残り5個のうち3個を胚盤胞凍結した場合

[採卵準備費用・採卵・精子調整・媒精・初期培養 ¥220,000]
+[(初期)胚凍結 ¥30,000]
+[胚盤胞培養 ¥40,000]
+[(胚盤胞)胚凍結 ¥60,000]
=¥350,000 (税別 別途、診察・薬剤・ホルモン検査の費用がかかります。)

上記はあくまで治療の一例であり、料金は目安です。治療内容は、患者さまの状況に応じて変わります。保険適応外の治療となりますので、それに関わる診察、超音波検査、血液検査、注射、処方などはすべて患者さまの自己負担となります。

不育症検査

臨床経過によって一部保険適応となります。

内容 費用 備考
血液検査(血液凝固異常) ¥10,000 ・プロトロンビン時間 ・APTT ・凝固因子(第XII) ・プロテインS活性 ・プロテインC活性 ・アンチトロンビンIII  
血液検査 (抗リン脂質抗体) ¥25,000 ・ループスアンチコアグラント ・抗CL抗体IgM ・抗CL抗体IgG ・抗CLβ2GP1抗体 ・抗PEIgG抗体 ・抗PEIgM抗体  
血液検査 (自己免疫異常) ¥5,000 ・抗核抗体価(蛍光抗体法) ・抗DNA抗体価 ・リウマトイド因子  
Th1/Th2採血 ¥15,000 必要な方のみ
NK活性 ¥15,000 必要な方のみ
血液検査 (内科的合併症) ¥5,000 FT3、FT4、TSH、空腹時血糖、HbA1c
染色体検査(絨毛) ¥60,000 必要な方のみ
染色体検査(血液) ¥25,000 必要な方のみ

*すべて税別です。

着床関連検査・治療

内容 費用 備考
銅・亜鉛検査 ¥2,000 必要な方のみ
子宮内膜炎検査(CD138) ¥15,000 必要な方のみ
子宮内膜日付診 ¥10,000 必要な方のみ
ERA ¥110,000 必要な方のみ
ERA検査+EMMA検査+ALICE検査(TRIO検査) ¥150,000 必要な方のみ
EMMA検査+ALICE検査 ¥100,000 必要な方のみ
PFC-FD療法 ¥128,000
(1回法)
¥148,000
(2回法)
必要な方のみ

☆ ERA:子宮内膜着床能検査
☆ EMMA:子宮内マイクロバイオーム検査
☆ ALICE:感染性慢性子宮内膜炎検査

*すべて税別です。

お支払について

当クリニックでは、¥10,000以上の診療費のお支払にクレジットカード・電子マネーがご利用いただけます。

※クレジット決済は1回払いのみの対応になります。

胚凍結・精子凍結・卵子凍結の更新及び破棄手続きのご案内

胚・精子・卵子の凍結保存期限は1年となっております。
継続して凍結保存をご希望の場合は、1年毎の更新手続きが必要となります。また破棄の場合も、期限までにお手続きが必要です。
下記ボタンより申請書をダウンロードしてください。お手続き及びお支払いは、ご来院もしくは郵送(現金書留)となります。

凍結保存更新 及び 破棄 申請書ダウンロード

更新/破棄を○で囲み、必要事項のご記入をお願いいたします。
郵送によるお手続きをご希望の場合、下記2点を同封の上、現金書留郵便にてお送りください。
なお、一部破棄の場合には、内容の確認がございますので、ご来院いただいた上でのお手続きとなります。

申請書(署名済のもの)

凍結物ごと、また凍結物の保存期限ごとに申請が必要となります。

更新料(破棄の場合は不要です)

【更新料・税込】

胚凍結更新料(1年毎) ¥55,000
精子凍結更新料(1年毎) ¥11,000
卵子凍結更新料(1年毎) ¥22,000/本

※ ご郵送前に患者さま控えをお取りいただき、保管してください。

送付先

〒101ー0044 東京都千代田区鍛冶町2-8-6メディカルプライム神田6F
神田ウィメンズクリニック 更新申請 宛

特定不妊治療助成金について

  • 体外受精関連の費用は全て自費となっていますが、治療費の一部に助成金が支給される制度があります(所得制限あり)。妻の年齢、体外受精の時期や回数によって異なりますので、詳しくはお住まいの役所にお問い合わせください。
  • 助成金対象の場合、医療機関発行の領収書が必要になります。再発行はいたしませんので、必ずご自身で大切に保管してください。

確定申告(医療費控除)について

  • 本人・及び本人と生計をともにする配偶者や同居する親族が、病院や薬局に支払った1年間(1/1~12/31)の医療費の合計金額を、必要経費として所得金額から差し引くことができる制度です。
  • 実際に支払った医療費の合計額(自費・保険とも)から、¥100,000(総所得額が¥2,000,000未満の場合は総所得額の5%)と保険金などで補てんされる金額(生命保険契約で支給される給付金、特定不妊治療の助成金など)を差し引いた金額が医療費控除の額となります。詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。
  • 確定申告には医療機関発行の領収書が必要となります。再発行はいたしませんので、必ずご自身で大切に保管してください。 

民間の医療保険(生命保険)について

  • 体外受精―胚移植はほぼ全ての保険会社で手術給付金の対象にはなりません。ただ、ごく一部の保険会社では、「採卵」や「胚移植」に対して手術給付金の対象となることがあります。 対象となるかはご契約内容次第ですので、詳しくは、保険会社にお問い合わせください。