神田駅東口から徒歩1分の不妊治療専門クリニック

日本産婦人科学会生殖補助医療実施登録機関・特定不妊治療助成事業指定医療機関

  • tel03-6206-0065予約優先制
  • 〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-8-6 メディカルプライム神田6F
MENU

着床前胚染色体異数性検査
(PGT-A)

Medical

Medical着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)について

着床前検査PGT(Preimplantation genetic testing)とは、体外受精によって得られた胚の一部の細胞を生検し、染色体数や遺伝子を調べる検査です。

着床前胚染色体異数性検査PGT-A(aneuploidy)は着床前診断のうちの一つで受精卵の染色体の数を調べ、異常がない受精卵を子宮に移植することで、流産を減らし、胚移植あたりの妊娠率や出産率を高めることを目的としています。

対象の方

  1. 反復する体外受精胚移植の不成功の既往を有する不妊症のご夫婦
  2. 反復する流死産の既往を有する不育症のご夫婦

※ご夫婦のいずれかに染色体構造異常(均衡型染色体転座など)が確認されている場合は対象外となります。
※原則として新たに採卵して出来た胚盤胞が検査の対象となります。
※ご希望を頂いても必ずしも検査が実施できるとは限りません。詳しくは外来にてご相談ください。

費用

胚1個あたり ¥110,000(税込)
(胚生検¥33,000+検査費用¥77,000)

※上記とは別に体外受精の費用がかかります。詳しくは「費用について」のページをご確認ください。
なお、PGT-Aを行う際は現時点では体外受精・胚移植の治療に保険は適用されません。

その他

  • 検査結果が届くまで約2週間かかります。
  • ご希望に応じて、藤田保健医科大学病院臨床遺伝科の遠隔遺伝カウンセリングを受けることができます。
    初回¥11,000(税込)、2回目以降¥5,500(税込)
  • 検査する栄養外細胞は、将来「胎盤」になる部分で胎児の細胞自体を検査しているわけではないので、検査精度は100%ではありません。
    偽陽性、偽陰性の可能性は0.5〜1%程度と言われています。
  • 染色体正数性胚を移植する場合、妊娠率は約70%、流産率は約10%と報告されています。検査による胚へのダメージの可能性や着床環境など胚以外の要因によると思われます。